アコムの借金が減らない!最大の理由は?

アコムはテレビCMなども放映する有名な会社ですよね。
堂々とテレビで宣伝しているからこそ、安心してお金を借りられると言う人も多いでしょう。

 

即日融資や1ヶ月間は無利子など甘い誘惑がたくさんあり、ついつい誘いに乗ってしまうことがありませんか?
ですが、アコムなどの消費者金融で作った借金が、まったく減らずに苦しんで居る人は居るんです。
なぜ借金が減らないのか?
その理由を認識しておかないと、あなたも借金地獄になってしまうかもしれません。
既に借金が苦しいなら原因を理解して解決策を探すのが良いですね。

 

まず、アコムの借金が減らない理由としてリボルビング支払いが関係しています。
借金を返済しているのに、なかなか減らない最大の理由はこれにあります。

 

リボルビング支払いを簡単に言うと、どんなに借金していても毎月の返済が一定額で済む方式です。
買い物が5万使おうが10万使おうが、毎月の返済は同じになります。
毎月の返済が変わらないなら少し多めに使っても大丈夫だと錯覚し、使い過ぎてしまう人が増えているんです。
ここで返済について真面目に考えてみましょう。

 

仮に100万の借金がある状態で、毎月1万円のリボルビング支払いをするとどうなるでしょうか?
答えは毎月1万の返済を100ヶ月以上続けなければいけないんです。
100ヶ月と言うことは、8年と4ヶ月間も借金生活が続くことを意味しています。さらに、利息が発生するので100万以上なら15%の利息が考えられます。
そうなると年間で15万の利息が増えるにも関わらず、返済は12万になっています。
つまり、返済する金額よりも利息で発生する金額の方が高いんです。

 

これでは借金はいつまで経っても減らないばかりか、むしろ増えて行ってしまいます。
どうすれば借金を減らせるかと言うと、毎月の返済額は自由なのでどんどん返済しなければならないんですよ。
毎月1万ではなく、4万や5万を返済して行かなければ借金は減らせません。
借金の返済をする生活は非常に苦しくなります。節約しなければいけませんし、贅沢な買い物は控える必要があります。
ここで我慢できないと借金地獄になり、最終的には自己破産になるかもしれませんよ。

 

自力で返済するのが難しいようなら、任意整理を行って借金を減額する方法もあります。
債務整理はいろいろと手続きがありますが、弁護士や司法書士に相談すれば簡単に行えます。
返済出来なくなる前に債務整理を検討するようにしてくださいね。

任意整理で大幅に減らせる可能性がある

アコムの借金が減らないと悩むあなたに最適な情報があります。
債務整理の一種である任意整理をすれば、大幅に借金を減らせるかもしれません。

 

任意整理とは、交渉によって借金を減額する方法です。
主に弁護士や司法書士に依頼して実行するのが一般的ですね。

 

手順としては、最初にアコムへ取引履歴を欲しいと連絡ことから始めます。
取引履歴が手に入ると、いくら借りて、いくら返しているのかが明確に分かります。
これを元に利息の再計算を行い、法律に違反しない利息になっているかをチェックします。
2010年よりも前は、どこの消費者金融も違法な利息でお金を取っており、そのせいで多くの人が苦しい思いをしてきました。
問題視されていたグレーゾーン金利ですね。
出資法と利息制限法の適応が曖昧であったために悪用された事例だと言えます。
ただし、グレーゾーン金利は2010年に廃止されているので、それ以降に借金した人は正しい利息が適応されているでしょう。
もし2010年より前から借金しているようなら、過払い金が発生している可能性はかなり高いです。
過払い金が戻ってくれば、借金の減額に大きく役立つでしょう。

 

次に、将来の利息をカットする相談をアコムへ行います。
返済が苦しいので、今後発生する予定の利息は無しにして欲しいとお願いするんです。
このようなお願いが通用する訳が無いと思うでしょうが、ほぼ確実に許可されますね。
アコム側は利息カットのお願いを拒否する権利を持っています。しかし、拒否した結果、債務者が自己破産などになると貸したお金すら戻って来なくなりますよね?
なので、任意整理が実行された段階で、利息のカットに同意してくれるんですよ。
利息が無くなれば借金が増えて行くことはなくなります。
返済すれば確実に元金を減らして行けるんですよ。

 

ちなみに、任意整理を行うと基本は3年間で完済するのが条件になりますね。
100万の借金なら、36回払いで完済しなければ任意整理は成立しないんですよ。
この場合は、毎月2万8千円ぐらいの返済ですね。
利息がカットされいないと、毎年10万から15万程度が利息として加算されて行きます。
そう考えれば、任意整理は大きなメリットがあると言えますね。

 

収入に余裕があるなら毎月の返済額を増やせば良いでしょう。
しかし、それが難しいなら任意整理を行って返済を楽にするのが賢い生き方ですよ。
任意整理は弁護士や司法書士がサポートしてくれますので、無料相談に行くのが最初の一歩です。

過払い金請求で減る可能性も?その費用はどのくらい?

アコムの借金は過払い金返還請求で減る可能性があります。
過払い金返還請求と言うのは、違法な利息で返済していたお金を取り戻すことです。

 

2010年よりも前では、ほとんどの消費者金融で違法な利息でお金を取られていました。
いわゆるグレーゾーン金利と呼ばれるものですね。
お金を借りる場合は本来、利息上限法が適応されなければいけませんでした。
しかし、出資法の利息を適応させて、実際よりも多い利息を奪っていたんです。

 

2006年にはグレーゾーン金利は違法だと判決が下り、2010年には出資法の利息上限を利息上限法に合わせる形で法改正が行われました。

 

なので、2010年よりも前からアコムでお金を借りている人は過払い金がある可能性があります。
借金の返済が5年以上になると、過払い金は50万以上になるケースも存在しています。
10年以上になると100万以上の過払い金が戻る人も居ます。
今までの返済額で過払い金の多さは変わるので、場合によって数百万もお金が戻って来ることもあるでしょう。
過去には、300万や400万が戻ってきた事例も確認されていますね。

 

ただ、過払い金が大金が戻って来ると過剰な期待をするのは良くありません。
2010年以降に借金している人は、利息が正しく適応されているので過払い金がある可能性は非常に低いですね。
債務整理を行う際は、利息の計算が必ず行われます。もし過払い金があったら宝くじに当たったと思うぐらいの期待度にしておくと良いですよ。

 

ちなみに、過払い金の返還請求は債務整理の費用とは別途で発生するのが一般的です。
過払い金返還請求の場合、着手金が5万円、取り戻した金額の10%から20%が成功報酬として支払うことになるでしょう。
例えば、10万の過払い金が発生していたら、着手金5万と成功報酬の20%で2万となるので、手元に残るのは3万円になりますね。
これが100万の過払い金なら、75万が手元に残るので借金返済に大きく貢献しますよ。

 

注意したいのは、過払い金返還請求のみを行う場合です。
借金の返済中に過払い金返還請求をすると、ブラックリストに登録されるデメリットが発生します。
完済した後なら登録はされないので問題は無いので参考にしてください。
ですが、10年経つと時効が成立して請求権を失うのも忘れないようにしましょう。

 

過払い金返還請求で借金は減る可能性は少しですがあります。
気になる人はネットで調べたり、弁護士や司法書士へ確認してみてください。